工務店向け販促セミナー(北海道・パナソニック)

北海道旭川にて工務店を対象にした講演会を行わせて頂きました。

2時間の講演時間でしたが、時間が足りない足りない!
お伝えしたいことはとてもたくさんあるが、時間は限られている。

こう言った自体は、講演でなくとも、営業活動やプレゼンテーションの場面ではよくあることです。伝えたいことは沢山あるが、絞り込むことができない。

せっかく、呼んで頂いたのでぜひ色々とお伝えしたいけれど、時間が足りない。

こう言った時に私が良くやる方法が、成功確率と失敗確率を数字で表すということです。成功確率、失敗確率ではなくとも、受講者が聞きたい率と聞きたくなり率を話したい事柄ごとに書き出すようにします。

Aという内容に関しては、聞きたい率70%、聞きたくない率30%
Bという内容に関しては、聞きたい率60%、聞きたくない率40%

もちろんこの数値は感覚的で構いません。
その中で優先順位付けをして、話す内容を絞り込みます。

人はそれほど多くの内容を吸収できるわけではなく、せいぜい2つか3つの事柄が頭に残れば御の字なのです。

話す側はたくさん伝えたいと思いますが、これは話し手のエゴかもしれません。
話したいことを話したいように話すのではなく、相手の聞きたいこと、知りたいことをしっかりと想像していくことが重要なのではないでしょうか。

ということで、受講されたみなさまありがとうございました!!!