販促チラシセミナーのお礼(東京都・パスコ)


販促チラシセミナーにご参加ありがとうございました!

昨日は東京の中目黒にあるパスコ様にて、販促チラシセミナーの講師として登壇させて頂きました。

 

今回は残念ながら、申込者の半数が事前欠席ということで少人数となりましたが、それだけ中身の濃い講座が出来ました。

 

今回の販促チラシセミナーは、チラシ作成に特化した内容となっており、チラシ事例を見せながら具体的に解説させて頂きスタート!

 

その後、チラシの作り方は企業の戦略によって大きく変わるという点。

例えば、ヨドバシカメラのような大手家電量販店とジャパネットタカタとの戦略の違いとチラシの違いを解説させて頂きました。

 

チラシは表面的なデザインだけではなく、企業の戦略によって大きく変わってくるものです。にも関わらず、チラシ作成に携わっている方々の多くは、戦略を理解せず、場当たり的なチラシ作成に終始してしまっている。

経営者も同様に、チラシ自体に重きをおかず、かといって、効果測定をしていないがためにどれだけのレスポンスが得られているか分からないチラシに毎月何十万も経費をかけ続けている。

 

理由は、「忙しさによる思考停止」「やめることに対する不安感」の2点です。

 

長年継続してきたことをやめるということは、実はかなり難しい。

しかも、過去にそれで成功したことがあれば尚更です。

過去の成功体験にしがみつき、チラシをやめるにもやめられない状況となってしまっている。しかも、過去の成功体験があるだけに、そのやり方に固執してしまう。

 

時代は変化しているにも関わらず、やり方を変えることが出来ないのです。

 

また、日々忙しい業務の中で、チラシ作成の優先順位は低下し、結果としてチラシの使い回しや、デザインのテンプレート化が始まり、効果よりも作る事に目的が変化してしまう。チラシで成果を上げるよりも、チラシを完成させる出し続ける事が目的となってしまいます。

 

チラシのデザイン云々を考える前にすべきことは、自社の戦略を捉え、もう一度、チラシと面と向き合うことから始める必要性があるのではないでしょうか。

 

昨日は、販促チラシセミナーにご参加下さりまして本当にありがとうございました!